債権管理

本記事はセミナーでの講演内容を編集し作成したものです。内容の詳細につきましては、
事務所へ直接お問い合わせください

「債権を管理する」ということはどういうことか?

1 債権があること、を説明できること

□金額に違いがある。

□追加・変更の注文をした、しない  etc

2 証拠があること

□契約書がない

□注文書の金額と違う契約   etc

3 時効を管理すること

 

「1 債権があること、を説明できること」とは

① 売買代金の場合

何を

いくらで

(+いつ支払う)

② 委任型の業務委託料請求の場合(警備、コンサル等々)

どのような事務(完成ではない)に対して

いくらで

いつ支払う(原則は事務完了時のため、それ以外の場合は特に)

③ 請負型の業務委託料の場合(建築請負、設計等々)

どのような仕事の「完成」に対して

いくらで

いつ支払う(原則は完成時引渡しと同時にのため、それ以外の場合は特に)

 

「2 証拠があること」とは

売買代金の場合

Q どのような証拠があるか?

① 契約書・・・売主・買主両方が確認

② 注文請書・・・受注した側が受注を確認(受注内容が書かれていない限り注文と受注の内容が異なる可能性)

③ 発注書・・・注文者の意思は分かるが、受注者は確認していない。

④ 見積書・・・受注側の希望条件は分かるが、注文も受注も意思がはっきりしない。

 

請求する側として、どの証拠が一番良いか。証拠のランクは?

 

最低限 「何を」、「いくらで」

 

① 「何を」

品違い・・・品番などが書面の中で特定されているか

値引きを行うに際して、ランクを下げた品になっていないか?

追加発注の認識違いはないか

② 「いくらで」

値引き、追加発注の記録は出来ているか?

 

「3 時効を管理するということ」

債権の種類 時効期間
 ・小切手債権 6ヶ月
・旅館、宿泊費、飲食料など
・タクシー代等の運送費
・大工、俳優、歌手、プロ野球選手の報酬など(但し、労働基準法上の賃金に当たると解釈されるものついては、2年になります)
1年
・弁護士報酬、公証人の職務に関する債権
・生産者・卸売商人・小売商人が売却した産物・商品の売掛金債権(要注意!)
・クリーニング店・理髪店・美容院などの費用
・労働者の賃金
2年
・医師の診療、薬剤師の調剤に関する債権・工事の設計・施工・監理を業とする者の工事に関する債権(要注意!)
・不法行為に基づく損害賠償請求権
3年
・一般の商事債権
・家賃・地代、利息、マンションの管理費など(要注意!)
5年
・一般の民事債権
・確定判決、和解調書、調停調書によって確定した債権
10年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「債権管理」の関連記事はこちら

現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております

グロース法律事務所が
取り扱っている業務

新着情報

 TOP