グロース法律事務所が
取り扱っている業務

グロース法律事務所が
顧問契約を推奨する
2つの理由

  • 1.「企業を守る」という視点

    (1) 危機管理のために
     「企業を守る」ということ、それは事業の発展を妨げる法的リスクを把握し、法的トラブルが生じないように、日常の危機管理を行うということです。
    契約を例に挙げれば、すべての事業活動は契約によって成り立っています。これは、その活動の数だけ、相手方に守ってもらうべき権利があり、そして守るべき義務があることを意味します。...続きを読む

  • 2.「従業員を守る」という視点

    多くの経営者は、事業活動が忙しくなればなるほど、そして事業を拡大しようとすればするほど、個々の取引内容やトラブルの一つ一つについて、従業員に対し、細かく、また従業員が求めるタイミングで指示を出すことが難しくなります。...続きを読む

         

コロナ禍における各種対応方針

   

新着情報

お急ぎの方々へ

 
 
 
コロナウィルスへの対応についてコロナウィルスへの対応について

企業法務に関するメールマガジン&ニュースレター

※無料購読にご登録いただきました場合、メルマガにおいて、弊所主催セミナー等のご案内もさせていただきます。予めご了承のうえ、ご登録お願い致します

ニュースレター一覧

グロース法律事務所では、会社経営に役立つ法律情報を定期的に発信しております。企業経営者様は是非ともご覧ください。

Greeting
ごあいさつ

人と人とのつながりを大切に、
一つの束になって、
高みを目指し、成長する。

代表弁護士  谷川安德  代表弁護士  德田聖也

私たちの思い

私たちは、いつの時代も、社会を切り拓くのは、現状に満足せず、覚悟をもって困難を乗り越える気概を持った経営者であると考えています。 また、社会に生きる者として、人と人とのつながりを大切にする経営者でなければならないと考えています。 私たちもそのような経営者の一人であるべく、この事務所を設立致しました。

弁護士が弁護士であるために

弁護士法において、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすると規定されています。 また、常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め、法令及び法律事務に精通することが、弁護士の職責の根本基準であるとされています。 私たちは、このような使命と根本基準の中で、他に代えがたい仕事をすることを心がけています。それは、決して突飛なことをすることではありません。しかし、私たちにしかできないことをするのでなければならないと考えています。職務領域に対する誇り、専門性、不断の努力、そのために常に成長するという気概を事務所名に込めました。

依頼者の真の利益を実現するために

「依頼者の真の利益を実現する」ということ、それは、究極において、社会正義の実現に資するものでなければ、結果において、企業の真の発展につながらないものと考えています。 企業の発展につながる最善の選択と結果を依頼者の方と共有すべく努めて参ります。

人と人とのつながりを大切に、一つの束になって高みを目指し、成長する。
平成30年3月
弁護士 谷川 安德  弁護士 德田 聖也
 

顧問先の声

  • 行政書士西口労務パートナーズ様 行政書士西口労務パートナーズ様
    代表 西口様

    「何かあったらすぐ繋げる」という安心感■ 御社の事務所概要について教えてください。
    西口先生:労務管理に強みをもつ行政書士・社会保険労務士事務所として、平成25年9月に行政書士西口労務パートナーズを開設いたしました。建設業許可の取得はもとより、産廃業・宅建業・古物営業の許認可の取得や企業の労務管理などのサポートを行っております。特に、行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを活かして、建設業の許可から労務管理までワンストップで対応ができることが弊所の強みかと考えております。

    ■ 弁護士に顧問契約を依頼しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
    西口先生:徳田先生とは大阪のBNIで出会い、同世代ということもあり、すぐに意気投合しました。一般的な敷居の高い弁護士のイメージと違い、物腰柔らかでとても話しやすく、同じ士業であっても気が引けることも無く気軽に相談できることから顧問契約を依頼するに至りました。

    ■ 普段、どのような相談や依頼をしているか教えてください。
    西口先生:元々、クライアント先で法律上の労務トラブルが起こる...


    >>続きを読む

  • 株式会社アイ・テック様 株式会社アイ・テック様
    代表取締役 任社長
    https://itec-osaka.co.jp/

    谷川弁護士は紛争トラブルが未然に防げるという点で守り神のような存在◼ 御社の企業概要について教えてください。
    任様:弊社の事業内容は主に工場などでの自動化システムの構築をしております。例えば工場の中で作業者が物を運んだり、旋盤機やフライス盤等の工作機で物品を加工する際に作業者が行う業務部分を自動化するなどして「省人化」を進めるシステムを設計しています。本日時点での従業員は正社員5名、パート1名、役員2名、合計8名です。

    ◼ 弁護士に顧問契約を依頼しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
    任様:事業をする上で出くわす問題が多々ある中で、相談相手として解決方法を教えていただける存在が必要になり、顧問契約に至りました。谷川先生とのお付き合いのきっかけは、前職を退職した際に会社から同業としての開業を止められた際に、知り合いのコンサルタント経由で谷川先生を紹介していただいたことです。

    ◼ 普段、どのような相談や依頼をしているか教えてください。
    任様:普段の相談はメールが主で、チャットワークのほか、緊急の場合は電話での相談もさせていただきます。問題が発生し...


    >>続きを読む

  • GOOD SHEPHERD株式会社様 GOOD SHEPHERD株式会社様
    代表取締役 大山社長

    顧問弁護士はセコンドでありながら審判だと思います■ 御社の企業概要について教えてください。
    大山社長:医療・福祉系の専門職の人材サービス業と、人材コンサルティング事業を行っています。医療・福祉系の経営者様の採用に関するアドバイスをし、実際に適切な人材を紹介し、逆に保育士や看護師の方から仕事を探していると相談を受けたら、適切な保育園や病院を希望する条件や働き方を紹介してマッチングさせていただいています。
    また、保育や看護の学生に、美容院で無料でカットしていただける美容室の紹介を行っています。こちらは、美容院のアシスタントの方がスタイリストになるために経験を積みたいというニーズがあり、無料でカットしてほしい学生とのマッチングするサイトも運営しています。
    また、従業員は2名で運営しています。

    ■ 弁護士に顧問契約を依頼しようと思ったきっかけ、理由を教えてください。
    大山社長:もともと德田先生とは知り合いでした。德田先生とは仕事についてはもちろん、仕事以外の相談もしておりました。
    事業を行ううえでは、法人間のトラブルは年に1~2件は起こりうる...


    >>続きを読む

現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております
 TOP