不動産

不動産を巡るトラブルは、多くの方が経験するトラブルの類型の1つです。

 

一般の方にとっては賃貸マンションの家主様・オーナー様とのトラブル、持ち家の購入に関するトラブルが最も一般的です。

複数の物件をお持ちの家主様・オーナー様の場合、不動産のトラブルに遭遇される確率は高くなります。

また、会社経営をされている場合は、事務所や工場、店舗、倉庫などを購入されたり、賃貸・賃借されたりするケースも多くなります。

 

不動産は人の生活と切り離せず、トラブルの種類が多岐に亘り、契約の解釈に関しても専門的な視点が必要になる場合が多くあります。

例えば、不動産を賃貸している場合、修繕が発生した際に「オーナーがその費用を負担するのか、或いは賃借人が負担するのか」という問題が発生した際は、賃貸借契約書の修繕に関する条項がどのように記載されているかが極めて重要になります。

また、不動産売買の場合、後に何らかの欠陥が発覚した場合に、その欠陥について誰が責任を負わなければいけないのか、また責任自体が発生するのかが争いになることが少なくありません。この場合も、契約書の解釈が重要な視点になります。

不動産売買の場合は、取引金額も大きくなることも多く、また個人の住宅として購入される場合は思い入れも強いことから紛争が長期化することもよくあります。

 

このようなトラブルが発生した際には、直接相手方とやり取りされる前に、弁護士に相談し、契約書がどのようになっているか、法律の専門家の解釈はどうか、というアドバイスを受けた上で対応されることをお奨めします。

 

「不動産」の関連記事はこちら

現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております

グロース法律事務所が
取り扱っている業務

新着情報

 TOP