弁護士 谷川 安德

弁護士 谷川たにがわ 安德 やすのり

 

出生~小学校 吹田市立北山田小学校
中学校 吹田市立山田東中学校
高校 大阪府立千里高等学校
大学 立命館大学法学部卒業
大学院 立命館大学大学院法学研究科博士前期課程修了。修士論文は「権利保護資格要件としての登記」を取扱いました。
修習期 司法修習 54期(平成13年10月弁護士登録)
役職 経営革新等支援機関(2013年3月21日・近財金1第107号・20130228近畿第20号)
認定事業再生士(CTP)民事調停官(大阪地方裁判所第10民事部 2010年10月~2012年9月)
所属団体 一般社団法人日本ターンアラウンド・マネジメント協会

経営法曹会議

吹田商工会議所

講演歴 中小企業金融円滑化法の期限切れに向けて企業が取るべき対応策(H24.9.12大阪弁護士会)等多数
メディア出演歴 毎日放送VOICE憤懣本舗等
取り扱い分野 労働事件(使用者側)、建築事件、債権回収、契約管理その他企業法務
保有資格 認定事業再生士(一般社団法人日本ターン・アラウンド・マネージメント協会)

認定ハラスメント相談員(一般財団法人日本ハラスメントカウンセラー協会)

 

メッセージ

弁護士登録以来、主に企業法務を中心として、ディベロッパー、工務店側の建築紛争や不動産取引、破産管財事件を中心とする倒産処理や事業再生、ベンチャー企業を中心とする契約管理等を取扱い、近時は、労使、労災案件、M&A案件の取扱いも増えて参りました。

また、民事調停官(非常勤裁判官)としての経験は、人に物事を伝え、解決に導くためには、聞き手に届く言葉を都度聞き手の表情や反応を見て感じ取り、瞬時に表現していく必要のあることを改めて実感する機会となりました。

また、感情的対立も強くなる建築瑕疵紛争では、企業の矢面に立って、施主、住民の方より怒鳴られるようなことも多く経験しました。誤解を恐れずに言えば、法律や法的なロジックは、時として解決のための直接的手段としては無力であり、人と人との対話として、感情的な面も含めた紛争の根源を共有すること、そこにたどり着く過程の努力を惜しまないことは、私の弁護士としての行動指針の一つとなっています。

 

弁護士を志した理由

法曹を志したのは、法は世の中を良くも悪くも変える力がある、その番人として、その先駆者となって活躍したいという思いからでした。当初裁判官への憧れが強かったのですが、修習生の時代に尊敬できる先輩弁護士とも出会い、救済を求める現実の生の声を聞き、その声を法律にのせて、時にはあるべき立法を訴えて、あるべき解決を導き出せる先頭に立ちたいと思ったからです。

 

仕事をする上で重視している事、なりたい弁護士像

迅速でいて、ごく当たり前のことにも深みを持ち、他に代えがたい仕事をすることです。

当たり前と思うようなことも深く丁寧に掘り下げる努力を惜しまないこと、難しいことは自分の言葉にしっかり置き換えて、相手に届く言葉でお伝えすることを心がけています。

 

他の法律事務所とグロース法律事務所の違うところ

迷われた方の背中を押すこと、そのための明確なアドバイスを行っています。YES,NO,どちらとも言えないこと、そしてどうすべきか、それぞれについて明確な理由をもって迷いなきアドバイスを行っています。

 

依頼者へのメッセージ

常にはっきりとした答えと理由をお伝えしています。当事務所では、依頼者の方とは特に継続的な関係性を重視しています。それは責任をもって、より踏み込んだ一歩先のアドバイスをさせていただきたいからであり、そのための関係性を築いておきたいからです。

 

趣味

食べ歩き(こだわりの美味しい食事をリーズナブルに提供してくれるお店探し)

The following two tabs change content below.
アバター

Growth 法律事務所

グロース法律事務所です。「依頼者の真の利益を実現する」ということ、それは、究極において、社会正義の実現に資するものでなければ、結果において、企業の真の発展につながらないものと考えています。 企業の発展につながる最善の選択と結果を依頼者の方と共有すべく努めて参ります。

「弁護士 谷川 安德」の関連記事はこちら

現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております現在、初回のご相談は、ご来所いただける方に限り無料とさせていただいております
  • サービスのご紹介
  • 二つの理由
  • 顧問契約活用事例
  • 顧問先の声

グロース法律事務所が
取り扱っている業務

新着情報

 TOP